見た目をキレイにしたい場合、どうしたらいい?

イボができて見た目に汚い・・・鏡を見るのがつらい!という方は、皮膚科の治療で見た目をキレイにすることが可能です。老化だからとあきらめず、少しでも美しいデコルテになるように、首イボの治療を検討してみましょう。

 

小さなイボの治療

小さなイボは「アクロコルドン」と「スキンタッグ」と呼ばれます。首イボの多くはこの二つです。
治療は

はさみで切り取る
炭酸ガスレーザー
液体窒素

などで行われます。
イボが小さく切り取れる程度のものははさみで切り取ることでキレイになります。炭酸ガスレーザーは盛り上がっている組織を蒸発させることで治療します。主に「アクロコルドン」の治療に用いられます。
液体窒素もよく首イボに用いられる治療法です。液体窒素で冷却したピンセットでイボをつまみ、凍結させて自然にポロリと脱落させます。主に「スキンタッグ」と呼ばれるつぶつぶのようなイボに用いられます。
首イボのほとんどがこの治療を用います。首を触ってざらっとしているという方は、一度治療を受けて見た目にきれいなデコルテにしてしまいましょう。

 

大型のイボは、上記の治療法では取れません。局所麻酔を用いてイボの根元を切り取り、傷を縫い合わせて治療します。炭酸ガスレーザーで焼き切る場合もあります。
イボができるとどうしても首回りが気になりますし、ネックレスが引っかかるなどしてひどくなる場合もあります。小さなイボの場合はすぐに治療できる場合もありますから、気になる方はぜひ皮膚科へ足を運んでください。