どんな人が首イボになりやすいの?

どんな人が首イボになりやすいの?

首イボができやすいのは30代から。何となくそんな意識がありますよね。しかし、イボは早いうちからできる方もいます。

 

首イボになりやすい方は

乾燥肌の人
紫外線を浴びている人
肥満体の人
更年期・または更年期を過ぎた女性

 

などなど。更年期を過ぎると乾燥しやすくなりますし、老化も進んでいきます。老化と乾燥は首イボの2大原因と言ってもよいでしょう。多くの女性は首回りの乾燥で悩み、ざらついた首をみてため息をついているはずです。紫外線カットと保湿で首イボは防ぐことができますから、イボに悩む方は紫外線カットと保湿を意識してみましょう。

 

また、肥満体の人は首イボだけでなく、鼠径部や胸などにもイボが見られます。洋服による擦れの面積が増えるためですね。乾燥がひどくなる30代以降は、肥満体にならないように気を付けるのも予防法の一つ。洋服による擦れでかゆみや痛みが出ている方は特に注意し、適正体重になるようにダイエットに取り組んでみるとよいでしょう。

 

首イボになりやすい体質の方もいます。体質は親からもらっているものですから、親が首イボに悩んでいた場合は、できやすい体質かもしれません。しかし、体質だからと言って嘆くことはありません。乾燥と紫外線を防ぐことが第一ですから、できれば20代のうちから紫外線対策・乾燥肌対策を行っておきましょう。