首イボができないように予防するには?

首イボができないように予防するには?

首イボのほとんどは小さなつぶつぶ状のもので、皮膚の老化や乾燥、摩擦が原因でできるものです。体質によってもできやすい人がいて、早い人は20代からでき始めます。老化や体質によってできるということは、防げないの?と思うかもしれませんね。しかし、気を付けておけば、ある程度首イボを防ぐことは可能です。首イボができやすい人は、以下のような要素に気をつけましょう。

 

紫外線を防ぐ

紫外線による老化や乾燥は、首イボを発生させやすくします。若いうちの日焼けも要注意!日焼け止めを塗らないまま歩いていると、乾燥や老化を早めます。首までしっかりと日焼けを防ぎましょう。

 

肥満による擦れ

首イボができやすい人は、肥満による皮膚の擦れが原因のことがあります。洋服も擦れやすくなりますから、肥満には気を付けて!

 

首イボは、擦れや摩擦を防ぐことと、紫外線に注意するのが一番です。紫外線はお肌に悪影響ばかりですから、とにかく日焼け止めをしっかりと塗りましょう。肥満による擦れは、体重を絞ることで避けることができます。首回りだけでなく、脇の下・鼠径部などもイボができやすい場所です。首が常に擦れている状態は肌に良くありませんから、思い当たる方はダイエットに取り組むのも一つの予防法ですね。