首イボの特徴とは?

首イボの特徴とは?

首のイボはじっくり見ないと気付けないもの。首を触ってなんだかざらっとしてるな〜?と感じたら、首イボができている可能性があります。首イボはほとんどが腫瘍によるもので、30代以降によくできるイボの一つ。老化・摩擦・乾燥などが原因でできますから、思い当たる方は首をじっくりと鏡でのぞいてみましょう。

 

首イボはほかのイボと違い、小さくぽつぽつとしたイボです。大きくだらんとできるイボはほかのイボの可能性がありますから、すぐに皮膚科を受診して!首イボは病気ではなく、見た目以外は大きな弊害はありませんが、他のイボはウイルス性の可能性があります。放っておくとひどくなる可能性もありますから、早めに受診してください。

 

首イボは体に大きな害はありませんが、一度でき始めると年々増えていくという方が多いです。一度皮膚科で治療してもらったけど、またできてしまった・・・という人も少なくありません。残念ながら「完治したからもう大丈夫!」というものではないのが首イボのようです。でも、こまめに皮膚科に通って取り除けば問題ありません!がっかりせずに、こまめに治療してもらいましょう。年齢をあげるにつれ、肌は紫外線や摩擦によってダメージを受けやすくなります。体質によってできやすい人もいるのが首イボです。紫外線ケアをしつつ、できたイボはこまめに取り除いていきましょう。